季節の変わり目!花粉!お肌!

 

普段通りのスキンケア、特別何かしたわけでもないのに荒れだすお肌…

冬から春にかけて季節の変わり目は寒暖差が激しく、自律神経が乱れやすくなりがち。また、春は新しい環境によるストレス・紫外線の増加…などなどでお肌のバリア機能も低下しやすい状態になります。

 

春の爽やかな陽気とは裏腹に、お肌にとってはトラブルが起きやすい時期。

 

「花粉皮膚炎」という症状をご存知ですか?花粉皮膚炎とは、肌バリア機能が低下する事によって花粉やアレルゲンが皮膚から侵入し、お肌の乾燥・赤み・かゆみ・チクチク感などの症状が現れるお肌のトラブルです。

くしゃみや鼻水といった一般的な「花粉症」という自覚が無くても、実はお肌が花粉の影響を受けているという可能性も…。

 

■花粉皮膚炎の予防法は

①花粉に触れない事②保湿(肌バリア機能対策)が基本です。眼鏡やマスク、帽子で皮膚を覆い、家に入る前に衣類等の花粉を払い落とす…などが基本的な対処法となりますが、何よりも普段から「肌バリア機能」を低下させない事が重要です。

毎日お肌に使う化粧品やボディーソープ・洗顔料などを見直し、日常的にお肌に必要な皮脂まで流さない事と皮膚バリアに刺激となる薬品の入った製品を使用しない事。

 

 

 

■その他季節の変わり目に気をつける事

大切な事は、花粉皮膚炎対策同様、お肌に負担になるスキンケアを避ける事です。

今までお肌に合っていた製品でも、お肌が敏感になる季節に急に合わなくなるという事もあります。

普段以上に敏感になっているお肌には、刺激の少ない洗顔料や保湿剤を使用する事がポイント。

肌バリアを守る為にもなるべく無添加の洗顔料・保湿剤がおすすめ。

 

また、いつも以上に食事や睡眠等基本的な生活を見直してみてください。忙しい毎日ではついつい無理をしてしまいがちですが、ほんの少しだけ意識して休息時間を確保する事やビタミン群(手軽なものだとバナナやリンゴ、オレンジなど)の摂取や梅干しは特におすすめ!

また、「春の皿には苦味を盛れ」と言われる程、春野菜には苦いものが多いのですが…(春の七草や、たらの芽、ふきのとうなど)この春野菜には冬の間に体に溜まった脂肪や毒素など、老廃物を排出を促す作用があるそうです。

人間の体のサイクルと、必要な栄養素は自然から学び、頂ける物が多いですね!

苦手な食材もあるかもしれませんが、「旬の野菜を食べる」という事を意識する事は美肌はもちろん、基本的な体の健康を向上させるためにも大切です。

 

できる所からはじめてみてくださいね!

 

 

手作り 無添加 化粧品 樹-itsuki

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA